CIWよくある質問

よくある質問(FAQ)

  1. CIW資格について
  2. CIW学習教材・教科書について
  3. 問題集について
  4. 資格同意書について
  5. CIW試験について
  6. CIW認定証について
  7. 受験者インフォメーションセンターについて
  8. CIW キャリア・センターについて
  9. 法人(企業・学校)、団体ご担当者の方向け

1. CIW資格について

CIWとは、Certified Internet Web Professionalの略称です。インターネットとウェブ業界で評価されている国際資格を発行しています。そして、その業界で活躍するための標準スキルを身につける教育プログラムを提供しています。世界主要100カ国以上で認定が行われ、およそ100万人以上の受講者と、17万人以上のプロフェッショナル資格の取得者が誕生しています。
インターネットとウェブ業界で働くことを前提に、これらの職種に応じた資格が設定されています。ウェブ基礎(ベーシック/リテラシー)、ウェブセキュリティ、ウェブデザイン、ウェブ開発・プログラミング、ウェブ&モバイルデザインの5分野に、21の資格があります。いずれか一つの資格を取得することで、CIW資格取得者になります。こちらのページから全てのCIW認定資格をご覧いただけます。
あります。CIW資格には、その認定範囲の広さや深さに応じて、初級(アソシエイト)、中級(スペシャリスト)、上級(プロフェッショナル)の3つのレベルがあります。また、これらとは別に、インストラクタのための資格(認定CIWインストラクタ資格)もあります。詳しくは、こちらのCIW資格ページからご確認ください。
CIW資格は多岐にわたっています。ご自身の目指す職種(キャリア)や目的(ゴール)に沿って、資格取得されることをお勧めします。どの資格を取得すべきか迷っている方は、こちらのページから適切なCIWコースを確認できます。
2つの認定要件を満たす必要があります。CIW試験に合格することと、CIW資格同意書の手続を完了することです。CIW試験に合格しただけでは資格の認定が完了しませんのでご注意ください。
CIW資格受験から資格認定までの流れ
CIW資格に有効期限はありません。いったん取得したCIW資格は、取得された時点におけるあなたのスキル状況を、生涯にわたり証明します。
CIW資格の有効性
CIWの公式カリキュラムに沿って講義を実施する「公式インストラクタ」を認定する資格です。取得するためには、指導科目のCIW資格を取得し、その後に申請手続を行う必要があります(CIW資格の取得だけでは認定されません)。
CIWインストラクタ資格の申請
CIWウェブセキュリティ・スペシャリスト資格、CIWウェブセキュリティ・プロフェッショナル資格認定に必要な手続です。これらのCIWセキュリティ資格は、CIWウェブセキュリティ・アソシエイト資格の取得に加え、セキュリティ関連指定資格の取得を示す(申請する)ことで、認定が完了します。詳しい手続については、こちらのCIWセキュリティ資格の申請もご覧ください。
2011年9月までに認定が行われていた(取得することができた)CIW資格です。すでに新たに取得することはできなくなりましたが、現在もなお有効なCIW資格です。これらの資格を取得された方は、引き続きCIWの各種サポートを受けることができます。詳しくは、こちらの旧区分のCIW資格からご確認いただけます。
一切、区別されません。同一の資格として認定されます。英語試験であっても、日本語試験であっても、試験に合格し認定要件を満たせば、同資格として認定されます。
いいえ。上位コースのCIW資格に認定されるにあたって、CIW ウェブファンデーション・アソシエイト試験に合格する必要はありません。但し、多くの受験者にとって、CIW ウェブファンデーション・アソシエイト資格を取得されることは、職務における適切な基礎スキルを持っていることの確実な証明となります。そして、CIW ウェブファンデーション・アソシエイトコースを受講することにより、ウェブやインターネットの基礎を理解し、上位コースをより効率的に学習することができます。
はい。現在もしくは過去のCIW資格を明記いただいて差し支えありません。いったん取得されたCIW資格は、取得時点での標準スキルを証明するものとして、有効です。
CIW資格の有効性
できます。次の2つの方法があります。
  1. CIW紹介レター(英文)のご利用:CIW資格の効力および説明を第三者に対して示すために、どなたでもご利用いただけます。レターは、こちらのページから取得いただけます。
  2. CIW Credentialsツールのご利用:CIW資格を取得された証明およびその資格の効力を第三者に対して示すために、資格取得された方のみご利用いただけます。受験者インフォメーションセンターにログインのうえ、ご使用ください。
いいえ。CIW JavaScript・スペシャリスト資格は引き続き取得できます。
日本時間2015年8月をもって、JavaScript・スペシャリスト資格の試験のうち「1D0-435試験」のみが配信停止となりますが、これ以後は、引き続き1D0-635試験(現時点では英語のみ)を選択いただけます。よって、CIW JavaScript・スペシャリスト資格の認定に変更は一切ありません。
CIW JavaScript・スペシャリスト資格の1D0-435試験における移行措置

2. CIW学習教材・教科書について

↑ Page Top

CIWカリキュラムおよび試験の出題範囲を完全に網羅した、CIWが発行(または公認)する唯一の教材です。公式教材で扱われている内容は、特定メーカーの製品やアプリケーションの操作・管理に関するものではなく、様々なインターネット/ウェブ規格に基づいた標準技術の知識と業界標準アプリケーションの運用スキルです。
できます。CIW公式教材(公式テキスト)による学習を完了することは、CIW試験の受験条件ではありません。CIW公式教材以外で学習された方であっても、インターネット/ウェブ規格に基づいた標準技術の知識と業界標準アプリケーションの運用スキルを一通り理解されていれば、問題なくCIW試験を受験できます。
CIWの公式テキストテキストは適時改訂されますが、その形態には、次の2パターンがあります。
  1. リビジョン
    IT業界の標準や技術、アプリケーションソフトウェアに生じた最先端の変化に対応するために、テキストの内容が大幅に変更されるものです。併せて、カリキュラムにも変更が加えられるため、試験問題の改訂も行われます
  2. アップデート(またはロールアップ)
    各方面から寄せられた改善要望指摘やマイナーチェンジ部分などを盛り込んだものです。テキストの内容が変更される場合もありますが、カリキュラムには変更が加えられません。このため、試験の出題テーマおよび問題は変更されず、試験のバージョンも変更されません。
いいえ。公式テキスト改訂のたびに必ず試験内容が更新される訳ではありません。試験改訂を伴うのは「リビジョン改訂」の場合です。
はい。CIWは、国際標準資格たる理念に基づき、できれば多くの方に、本来の英語版の公式教材で学習され、英語版の試験を受験いただくことを、お勧めしております。日本語版の試験・教材につきましては、日本国内でのCIW受験および学習を補助するためのツールとして、順次、提供いたします。
現在、日本語版公式テキストの販売はCIW Perl・スペシャリストコースのみ行っております。2017年より順に、英語版を日本語へ翻訳した教材及び資格試験問題を発売する予定です。正確な発行時期が決定次第、当ホームページにてお知らせいたします。
CIW オンラインストア(米国本部運営)及び、CIW公認uCertifyホームページ(英語のみ)にてご購入いただけます。
現在、CIWが推奨もしくは公認する他社発行の教材はありません。CIW試験に完全に準拠する学習ツールは、CIWが発行するCIW公式教材のみです。
なお、CIW試験では、特定メーカーの製品やアプリケーションの操作・管理に関するものではなく、様々なインターネット/ウェブ規格に基づいた標準技術の知識や、業界標準アプリケーションの運用に関する項目が出題されます(ベンダーニュートラル)。職種ごとで習得すべきコア・スキルが確実に身についているかを重視した出題(学習成果と到達度を証明する米国流の試験)となっております。
CIW公式テキストに掲載されている学習問題の解答は、付属データの中に収録されております。
付属データは、以下の手順にてダウンロードいただけます。
こちらのCIW資料のダウンロードページにアクセス
  1. 表示される「CIW知的資産利用許諾契約」で【同意する】を選択し、【ダウンロード】をクリック
  2. 続いて表示されるページの「付属データ/インストラクタ ツール」から、各科目の教材付属データをダウンロード

3. 問題集について

↑ Page Top

はい。英語版の試験対策問題集(オンライン)が提供されています。現在は、米国本部運営のCIWオンラインストもしくは、CIW公認uCertifyホームページにてご購入(USドル決済)いただくことが可能です。
他にも、問題集や模擬試験を提供するサイトが多数あります。これらはブレインダンプ(braindump)と呼ばれており、試験を盗んで問題を集めたものです。これらの商品を使用することは、CIW資格同意に違反する行為であり、資格認定が取り消される要件となります。

この件に関する詳細は、CIW本部のFAQも合わせてご参照ください。
The study questions in your courseware are helpful when preparing for exams. Where can I find more practice questions for the CIW exams?
CIWは、国際標準資格たる理念に基づき、できれば多くの方に、本来の英語版の公式教材で学習され、英語版の試験を受験いただくことを、お勧めしております。日本語版の試験問題集につきましては、日本国内でのCIW受験および学習を補助するためのツールとして、順次、提供いたします。
いいえ、準拠したものではありません。CIW試験に準拠する唯一の学習ツールは、CIWが発行するCIW公式教材のみです。また、現在、CIWが公認する他社教材はありません。
なお、これらのサイトで販売されている試験準備ツールの中には、CIW資格同意に違反する盗用・模倣コンテンツが含まれていることがあります。このようなツールで学習し受験することは、CIW資格の認定取消事由に該当することがありますので、ご注意ください。

4. 資格同意書について

↑ Page Top

CIW資格同意とは、CIW認定の権利および管理に関する許諾に同意する手続です。CIW試験の著作権や認定の必要条件、CIWロゴの使用方法などを含み、CIW商標や認定証の法的な保護などを盛り込んでいます。この同意書を提出されなかった場合、CIW資格のポリシーに同意されなかったものとして認定を受けることができません。
CIW資格の認定がされず、合格を証明する認定証がお手許に送付されません。資格同意とは、CIWのライセンスに同意することを意味します。
このため同意されない場合には、仮に試験に合格されたとしても資格認定はされません。
はじめてCIW試験を受験した後に一度だけご提出ください。受験後最大5営業日経ちますと、試験データが受験者インフォメーションセンター(CIW本部管理)に届き、オンライン手続による資格同意書の提出が可能となります。詳しくはこちらのページ・資格同意書の提出に関する記事もご覧ください。
以下の手順にて、資格同意書を提出してください。
  1. CIW試験を受験する
  2. 受験後2~5営業日後に「受験者インフォメーションセンター」にアクセスする
  3. アカウント設定後に登録情報の確認(verify)手続を行う
  4. その後、メニュー画面から[Candidate Agreement]を選び、資格同意書を提出
    ご参考までに、資格同意書の日本語訳はこちらより、ご覧いただけます。
出せません。「受験者インフォメーションセンター」にログインのうえ、ご提出ください。
手続は、資格同意書の内容に、ご同意いただける【YES】か、ご同意いただけない【NO】かをご回答いただく形となっております。ご参考として、資格同意書の日本語訳はこちらのCIW試験規約ページよりご覧いただけます。
必要ありません。資格同意の手続は一度限りで結構です。つまり最初のCIW受験時に行うだけで十分です。逆に2回以上の同意手続は、データの二重登録につながるため、行えないようになっています。

5. CIW試験について

↑ Page Top

CIW試験は、自宅のコンピュータより受験できるPSIオンラインビデオ試験監督センター及び、日本全国にあるピアソンVUEテストセンターにて受験が可能です。実際の受験予約や受験手順、キャンセル手続などは、すべてテストセンターに直接ご確認ください。
注意:PSIオンラインテストセンターで受験する際の必須条件は、試験管と英語で受け答えができること、ウェブカム、マイク、高速インターネット環境があることです。
CIW受験案内
PSIオンライン受験をご希望の方は、弊社オンラインストアでE-クレジットをご購入いただけます。ピアソンVUEで受験をご希望の方は、ピアソンVUEにて直接チケットご購入及び試験予約が可能です。CIW試験の受験料は、CIWオンラインストアでご購入の際は1試験1回受験につき、150米ドルです。日本円への換算レートは、ご利用のクレジットカード会社により異なります。ピアソンVUEでご購入の場合は、1試験1回受験につき、15,000円(税別)です。
CIW試験の受験料
PSIオンライン受験E-クレジットご購入
各受験センター用のE-クレジット/チケットをご購入後、受験日時等のお申込手続は、直接テストセンターにて行っていただけます。CIW-Japanでは、受験のお申込を承っておりません。
CIW受験案内
PSIオンラインテストセンターをご利用される方は、試験管と英語で受け答えができること、ウェブカム、マイク、高速インターネット環境があることが必須条件です。ピアソンVUEを選択された場合には特にありません。
公認テストセンターで申し込める日時であれば、いつでも受験できます。CIW試験はCBT(Computer Based Testing)方式によって実施されているため、随時受験することが可能です。
試験は、それぞれの試験科目で定められた数の試験問題が出題されます。コンピュータの画面に1問ずつ表示され、受験者が回答(クリックによる選択)することで、次の問題に進めるようになっています。
すべての試験問題は、四肢択一の方式で出題されます。記入式または音声読上式によって回答する問題は出題されません(点字受験の場合を除きます)。
CIW資格は「ベンダーニュートラル」をコンセプトとしており、CIW試験は、特定製品の細かな操作方法や使用機能までを問うものではありません。職種ごとで習得すべきコア・スキルが確実に身についているかを重視した出題となっています。このため、たいていの実技に関しては、公式教材中に収録されている実機演習(ソフトウェア操作、コーディング、プログラミング、制作課題など)を通じて学習完了されることを、第一としています。
できます。たとえCIW公式教材以外で学習された方であっても、インターネット/ウェブ規格に基づいた標準技術の知識や、業界標準アプリケーションの運用に関する項目をしっかりと理解されていれば、CIW試験には十分に合格できるものといえます。
できます。但し、点字受験の可否については個別のケースに応じて判断されており、ハンディキャップの度合いにより、受験時間、受験会場、受験補助人、点字設備、手配費用などの詳細が定められます。受験をご検討されている方は、こちらのフォームよりCIW-Japanまでお問い合わせください。
受験料プリペイド型の受験チケットです。1枚のバウチャーもしくは、E-クレジットで1試験を1回受験できます。
PSIオンライン受験用E-クレジットご購入
ピアソンVUE用受験チケット(バウチャー)ご購入
CIW-Japanでは、受験チケット(バウチャー・E-クレジット)を銀行振込にてご購入された方に限り、領収書を発行しておりましたが、現在オンラインストアによるクレジットカード決済でのみ購入可能となっており、弊社より領収書の発行は出来かねます。カードの使用明細が領収書となります。本件に関しては恐れ入りますがご利用されたクレジットカード会社までご相談いただけますようお願いいたします。
CIW試験の科目ごとに割り振られたコードです。CIW試験の場合、「1D0-111」のような形式で、すべてのCIW試験に一意のコードがつけられています。これにより、試験科目や試験のバージョンなどが区別できるようになっています。
できます。むしろ、CIWは、国際標準資格たる理念に基づき、できれば多くの方に、本来の英語版の公式教材で学習され、英語版の試験を受験いただくことを、お勧めしております。PSIでは英語版のみの提供となっております。ピアソンVUEで英語版の試験を受験される場合は、申し込みをされる際には、英語での受験を選択してください。
違いは一切ありません。試験はCIW公式テキストの内容から出題されます。唯一、異なる点は、出題される言語が、日本語か英語かという点のみです。
閲覧できません。CBT(Computer Based Testing)による試験のため、試験問題および解答は一切公開しておりません。
できません。CIW試験では、過去の出題問題は公開されておりません。
なお、CIW公式教材や試験対策問題(Practice Exam)には、CIW試験の出題傾向に沿った学習問題と模擬試験問題が豊富に収録されています。そちらをご参照・ご活用ください。
合否結果、得点に関する情報を含め、受験の結果が記された書面です。受験終了後、直ちに公認テストセンターから発行されます。スコアレポート(試験の得点表)は、一度しか発行されませんので、紛失しないよう大切に保管ください。なお、スコアレポートをCIW認定証の代わりとして用いることはできませんので、あらかじめご留意ください。
再受験は規定があります。詳細は、「再受験規定(リテイクポリシー)」にてご確認ください。
できます。受験されたCIW試験の結果に疑問をお持ちであり、その問題を解決されたい場合は、CIW本部に直接申し立てできます。「CIW試験点数の訂正申請」をご確認のうえ、お手続ください。

6. CIW認定証について

↑ Page Top

CIW本部が受験されたテストセンターよりデータを受け取り、あなたが受験者インフォメーションセンターへ必要事項を登録後、受験者インフォメーションセンターに登録されているご電子メールアドレス宛てに自動メールが送付されます。その後再度受験者インフォメーションセンターへログインし左手にあるサイドメニューの"Printable Documents"をクリックし、認定証を確認することができます。認定証は印刷及びPDFとして保存することができます。印刷・保存回数に制限はありません。
*CIW本部からの連絡を確実に受け取るためにも、必ず受験者インフォメーションセンターに登録されている電子メールアドレスをご確認ください。
試験合格後、8営業日程でCIW本部より認定証通知(英文)がEメールで届きます。
CIW認定証が発行されるためには、手続きが必要です。試験合格後、まずは、以下の3ステップをご確認ください。
  1. アカウントを設定しましたか? → アカウントの設定方法を確認する
  2. 「Verify」手続ききはお済みですか? → Verify手続きを行う
  3. 資格同意書は提出されましたか? → 資格同意書を提出する
上記3ステップが完了しているのにも関わらず認定証が受験者インフォメーションセンターで確認できない場合は、こちらのフォームよりお問合せください。 CIW-JapanよりCIW本部に照会させていだきます。
受験者インフォメーションセンター(情報の変更/修正)にて、アカウント情報を変更することができます。認定証の通知は、各テストセンターで受験時に登録したメールアドレスへCIW本部より送付されます。
発行された認定証に記載されている氏名が誤ったものであり、これを訂正したい場合、認定証の発行元であるCIW本部に要求し、正しい認定証を無料で再発行してもらうことができます。

【該当ケース】
「受験申込時にテストセンターで登録した情報が、受験者インフォメーションセンター上で誤って登録されていた」場合
受験者ご本人の事情(結婚や改名、本人の登録ミスなど)によって認定証の氏名を変更したい場合は、認定証の再発行手続を行ってください(実費費用がかかります)。

正しい認定証を再発行されたい場合の手順

  1. お手許に、スコアレポート(試験の得点表)をご用意ください。
  2. 画面左のメニューから「New Incident」リンクをクリックします。
  3. 入力フォームに以下の情報を英語で入力します。
    ・「Summary」欄にタイトル。
    (例:Request for correcting mistakes on my CIW Certificate等)
    ・「Description」欄に、認定証に記載されている(誤っている)氏名と訂正したい(正しい)氏名、そしてスコアレポートに記載されているすべての情報

    New Incident 画面

  4. 入力内容を確認のうえ「Create Incident Detail」ボタンをクリックします。

7. 受験者インフォメーションセンターについて

↑ Page Top

CIW本部(米国)によって管理・運営されているCIW受験者の情報データベースです。受験の際に登録された事項、試験結果や取得資格といった情報が一元管理されています。
受験者インフォメーションセンターの登録データごとに発行されるIDです。1アカウントごとに1つのIDが割り振られています。IDは数字から構成されており、CIW認定証にも記載されています。別名「Certification Partners ID」とも呼ばれています。
試験受験後すぐにアカウント設定を行うと、次のようなエラーが生じる場合があります。
Please correct the following: We could not find a user meeting the specified criteria. Please review the criteria and try again.
※エラーメッセージ(Please correct the following: We could not find a user meeting the specified criteria. Please review the criteria and try again.)が表示。
この場合、受験データが、まだ受験者インフォメーションセンターにインポートされていません。この場合は、受験後5営業日ほど経過したのち、改めて「アカウント設定」の手順を行ってください。
もし、5営業日を過ぎてもエラーが解消しない場合、CIW本部に照会しますので、こちらのフォームより、お問合せください。
2003年以前のスコアレポート情報に基づいてログインを試みた場合、ログインが拒否されることがあります(We could not find a user meeting the specified criteria. Please review the criteria and try againのようなメッセージが表示)。
この場合、CIW本部に「仮アカウント」を発行させますので、こちらのフォームより、お問合せください。
受験者インフォメーションセンターでは、受験者があるCIW試験に合格すると、それに応じた受験可能科目が、「Enrolled ……」の名の下に自動的に表示されます。これはあくまでも受験可能の科目を表示しているだけであり、必ずその科目を受験しなければならない、という意味ではありません。次のCIW受験の上での1つの参考としてください。
このケースでは、あなたが受験されたテストセンターからの試験データが、受験者インフォメーションセンターにインポートされていないことが考えられます。 通常、受験されてから2営業日以内に、試験データが受験者インフォメーションセンターにインポートされますので、この日数を経過してもなお試験結果が表示されない場合は、スコアレポート(試験の得点表)をお手許にご用意のうえ、こちらのフォームより、お問合せください。
いくつかケースが考えられます。ケースによって受験者本人で解決できるものできないこともあります。
【ケース1:受験者本人で解決できるもの】
  • 資格同意書の提出をしていない
該当する試験に合格したにも関わらず認定証が発行されない場合、「CIW資格同意」の手続を終えていないことが考えられます。CIW資格に認定されるためには、必要な試験の合格とCIW資格同意の手続を終えている必要があります。この手続が完了していないと、たとえ試験に合格したとしてもCIW資格に認定されないこととなります。早急に、受験者インフォメーションセンターにて、資格同意書の提出をしてください。

【ケース2:受験者本人では解決できないもの】
  • CIW-IDが複数登録されている
複数の試験科目を、別々のテストセンター(ピアソンVUE/PSI)で受験すると、稀に別々のCIW-IDが付与され、認定に必要な試験に合格しているにも関わらず認定されていないケースが発生します。IDの統合作業をいたしますので、こちらのフォームよりご連絡ください。
次の手順で、パスワードを回復することができます。
  1. ログインページに表示されている[Forgot Username or Password?]リンクをクリックします。
  2. 表示される画面で、必要事項(登録eメールアドレスなど)を入力し、送信します。
  3. 入力・送信した登録eメールアドレス宛に、アカウント回復(Account Recovery)メールが配信されます。
  4. メール中に記載の指示に従い、アカウント回復手続を進めます。(コード番号等の入力)
  5. 新しいユーザ名とパスワードを設定する画面となりますので、必要事項を入力し、送信します。 新しいユーザ名・パスワードは忘れないようにご注意ください。
  6. 新しいユーザ名とパスワードでログインします。
この手続を最後まで進めることができない、あるいはアカウント回復メールが配信されない、といった場合は、受験者インフォメーションセンターに登録されているメールアドレスが異なっていることが考えられますので、スコアレポート(試験の得点表)をお手許にご用意のうえ、こちらのフォームより、お問合せください。
おもに次のような情報が登録されます。
  • 受験者の登録事項…テストセンターで受験を申し込まれた際のご登録情報(お名前、ご連絡先などを含む基本情報)です。受験者インフォメーションセンターのPersonal Informationメニューからご確認できます。
  • 試験結果の情報…CIW試験の結果です。同・Historyメニューからご確認できます。
  • 資格認定の情報…CIW資格の認定状況です。同・Certification Progressメニューからご確認できます。
  • CIW資格の手続…認定条件が設定されているCIW資格の手続状況です。同・Supporting Requirementsメニューからご確認できます。
  • 資格同意手続の状況…資格同意の可否に関するものです。同・Candidate Agreementメニューからご確認できます。
できます。受験者インフォメーションセンターにアクセスのうえ、情報更新メニュー(Update Personal Info)からお手続きください。
できます。むしろ、1つのCIW IDに統合することを強くお勧めします。複数のCIW IDを持っている場合、複数の受験者インフォメーションセンター・アカウントを別々に持っていることになり、CIW資格の認定に影響が生じることがあるためです。
CIW IDの統合については、こちらのフォームよりCIW-Japanにお申し付けください。

8. CIW キャリア・センターについて

↑ Page Top

いずれかのCIW資格(旧区分の資格を含む)を取得された方を対象に、インターネットやウェブ業界で働くことができるように、各種のキャリア支援、就職支援のサポートを提供しています。
CIWキャリア・センターとは
全てのCIW認定資格
旧区分のCIW資格
CIWキャリア・センターの会員に対して、各種のカウンセリングや相談、情報提供などを行う者です。就職指導の経験が豊富でかつIT/Web業界を熟知した者が配置されております。カウンセリングはすべて個別方式(1対1)にて実施されます。カウンセリングは無料です。
CIWキャリア・カウンセラーとは
いいえ。キャリア・センターのサポートをご利用いただけるのは、いずれかのCIW資格(旧区分の資格を含む)を取得された方のうち、CIWキャリア・センターの会員手続を完了された方のみです。会員手続は一切無料です。手続は、こちらのページから進めていただけます。
いいえ。キャリア・センターのサポートは、すべて無料です。
はい。日本語で提供されます。なお、ご要望ある場合に限り、英語で提供することも可能です。
次の2つの条件を満たすことが必要となります。
  • いずれかのCIW資格(旧区分の資格を含む)を、1つ以上取得されていること
  • CIWキャリア・センターの会員手続を、すべて完了されこと
     (会員手続はこちらのページから進めていただけます)
全てのCIW認定資格
旧区分のCIW資格
会員になるためには、次の2つの手続を完了することが必要です。
  • 事前登録:最初の手続です。仮登録手続とお考えください。 手続は、こちらのページから進めていただけます。
  • 正式登録:事前登録の完了後に行う手続です。CIWキャリア・センターから送られる会員登録書に必要事項をご記入のうえ、ご返送いただきます。
こちらのキャリア・カウンセラーへ相談フォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。または電話・メールなどで直接カウンセラーにご連絡いただくのでも結構です。
いいえ、しておりません。CIWキャリア・カウンセラーは会員がインターネットやウェブ業界で働くことができるために、各種のキャリア支援、就職支援のサポートを提供しますが、直接的な職業の紹介は行っておりません。詳しくは、こちらのページもご覧ください。
キャリア形成や転職の準備(例えば、ご自身のキャリア棚卸とキャリアプランのイメージ、レジュメの作成などを含む)が完了しているならば、より実践的なサポートを受けられます。但し、特に準備を進めていない会員の方でも、必要なサポートは受けられます。CIWキャリア・カウンセラーと共に「準備を始めるところから」スタートすることが可能です。
CIWキャリア・センターの役割は、CIW資格を取得された方が、インターネットやウェブ業界で働き続けることができるようにするために、継続的なキャリア支援、就職支援のサポートを提供することです。不特定多数の方に向けて職業の紹介を行うものではありません。
会員の方に対し、キャリア形成に必要かつ有意な就職情報とカウンセリングを、一人一人のキャリアプランに沿って提供し、キャリアアップを成功に導きます。また成功後も継続してフォローアップします。このために、CIWは職業紹介会社と提携ネットワークを構築しております。

9. 法人(企業・学校)、団体ご担当者の方向け

↑ Page Top

CIW資格に、有効期限はございません。いったん取得されたCIW資格は、その時点におけるスキル到達度を証明するものとして、引き続き有効です。
CIW資格の有効性
承っております。CIW公式教材、各種マテリアルの提供から、CIW認定インストラクタの手配・派遣、研修そのものの実施請負まで、ご要望とご予算に応じて最適なCIW研修を提案させていただくことが可能です。詳しくはこちらのフォームよりご相談ください。
承っております。CIW公式教材を用いて、すべて英語によるCIW講義を実施することが可能です。オンサイト方式の研修や、オンラインコンテンツを用いたeラーニング形式の研修事例があります。オンサイト研修の場合は、クラスのサイズによりCIW本部より、世界各地(欧米、中東、中国、東南アジア、インド等)での豊富な講義経験を有するCIW認定インストラクタを派遣させていただくことも可能です。英語によるスキル研修をご検討の場合、詳しくはこちらのフォームよりご相談ください。
はい、承っております。このような場合は、ニーズの洗い出しやゴールの設定といった研修の設計段階からのご相談となりますので、詳しくはこちらのフォームよりご相談ください。
特にありません。貴社内においてCIW資格をご活用いただければ幸いです。もし何かご不明な点がありましたらこちらのフォームよりご相談ください。
あります。ピアソンVUE用の受験チケット(バウチャー)を団体でご購入いただく場合には、一括ご注文の数量に応じて、ボリュームディスカウントが適用されます。25枚以上のご注文で5%、50枚以上で10%、それぞれ割引させていただきます。なお、受験チケットの有効期限は、試験科目や言語の区別なく、すべてご購入から1年とななっております。
あります。CIW公式教材を団体でご購入いただく場合には、一括ご注文の数量に応じて、ボリュームディスカウントを適用させていただいております。50セット以上のご注文で5%、100セット以上で10%、それぞれ割引させていただきます。
ありません。ボリュームディスカウント価格の適用をご検討ください。
CIW資格を取得された学生であれば、可能です。詳しくはこちらのフォームよりご相談ください。

↑ Page Top

Close Window
Previous
Next