CIW JavaScript・スペシャリスト資格

CIW JavaScript・スペシャリスト | CIW JavaScript Specialist

CIW JavaScript・スペシャリスト - The CIW JavaScript Specialist

多くのウェブアプリケーションや様々なウェブサイト機能を開発するために必要となるJavaScriptの専門スキルを証明する資格です。PCベースのウェブアプリケーション開発から、スマートフォン、タブレット等のアプリケーション開発に携わる方々にまで、幅広く取得されています。
すでにWebデザインのための基本言語やスクリプティングに関する知識・スキルなどについては一通り理解していることが前提となっている、CIWの中級資格です。

ウェブデザインについて初めて学習される方は、CIWサイト制作・アソシエイト資格を事前に学習・取得されることを強くお勧めします。


おもな受験者イメージ

  • CIW JavaScript・スペシャリスト資格の取得を目指される方
  • 業務でJavaScriptを使用する方
  • ウェブアプリケーションの専門職種または業務に携わる方
  • ウェブアプリケーション業界での就・転職を目指される方
  • CIW ウェブ開発・プロフェッショナル資格など、他のCIW資格の取得を検討されている方 ※また、この資格は、上位資格(CIW ウェブ開発・プロフェッショナル資格)の認定要件の1つです。
  • JavaScriptに関する専門知識を体系的に整理、確認したい方

関連職種

  • ウェブデザイナー(中級レベル)
  • ウェブプロデューサー(中級レベル)
  • ウェブエンジニア(中級レベル)
  • ソフトウェアプログラマ(中級レベル)
  • エンタプライズデベロッパ(中級レベル)
  • アプリケーションデベロッパ(中級レベル)
  • データベース管理者(中級レベル)
  • ウェブデベロッパー(中級レベル)

学習範囲 - CIW JavaScript・スペシャリスト 公式カリキュラム

  • JavaScriptの基礎
  • JavaScriptのプログラミング
  • JavaScriptコード開発
  • データ処理
  • オブジェクトモデル
  • Webサイトへの実装
  • データベースとの連携
  • デバッグ技法

CIW JavaScript・スペシャリスト資格の1D0-435試験における移行措置と公式教材

1D0-435試験の配信停止

これまで国内でのみ配信されておりましたCIW JavaScript・スペシャリスト資格の1D0-435試験は、日本時間2015年8月31日をもって配信停止となりました。これにより、2015年9月1日以降の受験からは、1D0-635試験(英語)のみをご選択いただけます。
※本措置によっても、CIW JavaScript・スペシャリスト資格の認定に変更は一切ありません。

1D0-435試験対応・公式教材の販売停止

1D0-435試験の配信停止により、1D0-435試験対応の公式教材は、2015年2月28日(配信停止日6ヶ月前)に一般販売を終了させていただきました。

対象CIW資格の扱い

1D0-435試験で取得されたCIW JavaScript・スペシャリスト資格の効力に変わりありません。
(1D0-635試験で取得するCIW JavaScript・スペシャリスト資格と同一の資格です。)

英語版のCIW公式オンライン自主学習キットは、uCertifyウェブサイトにてご購入いただけます。

CIW JavaScript・スペシャリスト資格試験(英語版のみ)は自宅で受けられるPSIオンライン受験かピアソンVUE試験センターでの受験のいずれかを選択できます。
PSIオンライン受験EクレジットはCIW公式オンラインストアにて購入が可能です。 ピアソンVUE受験チケットはピアソンVUEより直接ご購入、試験予約が可能です。

↑ Page Top

Close Window
Previous
Next